オペル・ティグラ スターター回らず

おはようございます。寒いですね。ここのところ太陽を見ていません。

今年は寒暖の差が非常に大きく感じます。

チョット2月中旬から忙しく、サボっていました。

もう3月。あっという間の3月ですね。

年度末、そして卒業の3月です。

世の中あまり明るくないので、そんな気配は感じられません。


私、5年ぶりぐらいにサッカーを始めました。

先日試合があったのですが、いきなりの『肉離れ』!

近所の整骨院でリハビリ中です。

先生曰く『もう少し筋肉をつけないと』。

でも自転車で筋肉はついているはず?

体幹の筋肉をつけないといけないらしい。

筋肉が『自転車筋』になっているとのこと。

『どうすれば良いのですか?』『軽くランニングを』と言われました。

確かにヨーロッパのプロ自転車選手は長く歩くことや階段も不得手と聞きます。

いつの間にか自転車の身体になっていたんだ

明日からメニューを組んでランニングしようっと。


 さて、オペル・ティグラです。

今となっては非常に珍しいクルマです。

ライトウエイトで走りも中々良かったでした。

過去に当社でも2台ほど販売しましたが、当時もあまり台数は

出ていなかったような記憶です。

そう言う意味では希少価値なクルマです。

とっても綺麗に乗られています。

スターターが不動となってしまい、スターターモーターを分解したら、

マグネットが内部で脱落してコンミネーターと干渉していました。

画像


経時劣化なので接着剤がはがれてしまったようです。

マグネットも破損しているので部品交換ですね。

http://www.sigma-auto.co.jp



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック