エコカーワールド2010 その3 トヨタ・ニッサン

こんにちは。今日は曇りです。

昨日私は、とある会議で熱海に行ってきました。

久しぶりに訪れたのですが、ウィークデーとは言え閑散としていましたね。

つぶれた旅館の跡地にはマンションが建ち、何か町全体の雰囲気が

変わっていました。

20時頃に商店街を通ったのですが、シャッターが閉じた店が多く

タクシーの運転手さんは『最近はお店を閉める時間が早いんですよ』

とのこと。

昔の熱海の面影はありませんでした。何か寂しい思いになりました。


 さて、エコカーワールド2010その3です。

トヨタが出展していました燃料電池車です。

画像


『FCHV-adv』

燃料電池車は水素と酸素の電気化学反応により、高効率の発電を行い

その電気でモーターを駆動させます。

排気ガスは『ゼロ』で若干の『水』が排出されます。

水素は安価で生産できるため、原油の寿命との関係で次世代のメイン

となる可能性も大きいです。

画像


その他本田の『FCXクラリティ』や『ニッサン X-TRAIL FCV』

『シボレー イクイノックス』等も展示されていました。

LPガス車のプリウスです。ハイブリッドとLPガスとは考えますね。

画像


画像


バイクも電気、燃料電池と様々のものが出品されていました。

画像


画像


クルマもバイクも次世代のスピードは加速されるようです。

http://www.sigma-auto.co.jp

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック