スバル フォレスター オイル&水漏れ修理

シグマ自動車の前田です😃

初代フォレスター
EJ20エンジンの水漏れとオイル漏れの修理のご依頼です。

画像


水平対向のエンジンEJ20の持病と言われる
定番のカムカバーからのオイル漏れです。
EJ20エンジンは設計上の理由で
カムカバーの直下にエキマニが通ります。
エキマニからの高熱でカムカバーパッキンが劣化し
オイルが漏れるます。
ご紹介のお車はNAなのでターボ仕様に比べて
若干熱による劣化は抑えられますが
例に漏れずいい感じで漏れていました。

画像


他にサーモハウジングからの水漏れになります。

画像


この際なのでウォーターポンプ、タイミングベルトも交換です。

画像


画像


カムカバーは洗浄して
パッキンは新調しました。

画像


画像


サーモハウジングはサーモスタットとガスケット交換。

画像


費用は掛かりましたがこれで安心して乗れますね😃


画像


~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~


ホームページ
http://www.sigma-auto.co.jp/

フェイスブック
https://www.facebook.com/SIGMA5444

インスタグラム
https://www.instagram.com/sigma1962_official/?hl=ja

"スバル フォレスター オイル&水漏れ修理" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント